残留農薬とダイオキシン

ダイオキシンや環境ホルモンから身体を守る「残留農薬」の不安は一般的に、発ガン性、遺伝毒性、催奇形性です。
と言われたら、野菜全体に危険なものがしみこんでいるかのように感じるかもしれませんが、それは誤解。農薬が残留する場所というのは、限られています。それを知って対処すれば、危険のほとんどは防ぐことができるのです。

農薬には約400成分、種類にしておよそ4000種がありますが、このうち水に溶ける農薬(作物の病気を防ぐ殺菌剤が多い)は、野菜の表面に付着しています。つまり、きちんと洗えば落ちるということ。

油に溶ける農薬(害虫を防ぐ殺虫剤が多い)は、野菜の表面のすぐ下にあるクチクラ層に溶けこみますが、野菜の内部にまで浸透することはほとんどありません。だから皮最を厚めにむくことで除けたりできます。最近は、野菜の表面や根から吸収される浸透性の農薬(殺虫剤がほとんど)も出回るようになりましたが、これは水に溶けるので、野菜のアクと同じように考えてよいでしょう。つまり、煮てアクのように出てさたものをすくえば大丈夫ということです。

もうひとつ気になるのは、いわゆる環境ホルモン(外因性内分泌攪乱物質)の中でもこれが人間の体内に入ってくるルートは、呼吸や皮膚接触もありますが、9割以上はこれが人間の体内に入ってくるのは、呼吸や皮膚接触もありますが、食べ物からと言われます。

そのうちの六割は魚介類を通じて。残りは肉、野菜、乳製品など。
ダイオキシンが野菜を汚染する経路は、3通り考えられます。
一つは、大気中のダイオキシンが粉塵などの微粒子について、野菜の表面に付着する

この場合は、流水中できちんと洗えば落ちます。
もう一つは、大気中のガス状のダイオキシンが、野菜の表皮下の層にまで浸透する

この場合は、外側の葉を取り去ったり、切って表皮下層を露出させてから下ゆで(ゆでこぼし)することで防衛できます。3番目は、ダイオキシンに汚染された土が、野菜に付着する。この場合は、流水の中でこすって土をしっかり洗い落とせばよいわけです。
なお、ダイオキシンは水に溶けにくい性質をもつので、野菜がダイオキシンを根から吸いあげることは、まずありません。つまり、あくまで表面やそのすぐ下の層を注意すれば大丈夫。中身を不安がらなくてもよいわけです。



環境ホルモンとは何か?

私たちの体内では、性ホルモンや副腎皮質ホルモンなど数々のホルモンが分泌され、成長、生殖など生命維持のしくみを調節しています。ところがある種の化学物質は、外の環境から体内に侵入して、大切なホルモン分泌のしくみをかき乱します。体内のホルモンを破壊する原因となったり、あたかも女性ホルモンのようにふるまったり。そこで、「外因性内分泌攪乱化学物質」(いわゆる環境ホルモン)と呼ばれるようになりました。

環境ホルモンによって、生体内のシステムは大混乱に陥ります。魚介類などではオスのメス化が起こったり、人間でも精子減少など生殖機能の障害が心配されています。環境ホルモンと疑われる物質は70〜150種類あるとされます。DDT、ディルドリン、マラソン、ジネブなどの農薬。容器包装から溶出するピスフエノールA、フタル酸エステル、スチレンダイマー。

そして環境汚染物質のダイオキシン、クロルデン、有機スズ化合物など。いずれも、もともと自然界には存在しなかった化学物質ですが、中でも毒性の強いダイオキシン類は人為的に合成したものではなく、偶然にできた物質。

6つの炭素が結合したベンゼン環を酸素でつないだ基本構造に、塩素がくっつくとダイオキシンになります。塩素系農薬の製造過程で、不純物として生成されてしまう。現在はダイオキシンを含むPCBやCNPなどの農薬はすべて製造禁止になりましたが、土壌にはかなり残留しています。なにしろダイオキシンは揮発しにくく水にも溶けにくく、さらに分解もされにくい。

さらにこのダイオキシンが、ポリ塩化ビニルなどの有機塩素化合物を焼却させたどきにもできることがわかり、ゴミ焼却場の問題が浮上したのです。ダイオキシンの急性毒性は、青酸カリの約1万倍、サリンの約2倍です。

つまりサリンの半分で致死量となってしまう。発ガン性もあります。それより低レベルでも害が出るのが環境ホルモンとしての特徴で、特に胎児や乳幼児のときに体内に取り入れると、その後の影響が大きいのです。
ダイオキシンが体内に取り込まれるのは9割以上が食物から。

こうした環境ホルモンから食卓を守るポイントは、
①同じものばかり偏食せず、バランスよく食べてリスクを分散する。
②野菜や果物などは洗って土を落とし、皮をむけば安心。
③魚はハラワタ、肉は脂肪分に注意。
つまり、説明した方法を忘れなければよいのです。




このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!