「甘さひかえめ」「無糖」「微糖」「低糖」の違い?

缶コーヒー何を基準にして比べているの?
「微糖」「低糖」「甘さひかえめ」「無糖」など、清涼飲料水、特にコーヒーには甘さに対するさまざまな表記があります。この中で明確な決まりがあるのは「無糖」だけ!
無糖は100ml中の糖分0.5g以下と決まっていますが、それ以外には決まりがなく、基準はメーカーによって異なります。


一般に、メーカーではある自社商品と比較して糖分が少なくなっていれば「甘さひかえめ」、それよりも少ないものを「低糖」、さらに少なくしたものを「微糖」としているケースが多いようです。

カロリーハーフなどと表記する場合は、 何と比べて半分になっているのかを明確にしなければならないのが決まりですが、 カロリーに比べると甘さには基準が決まっていないので、メーカーによって異なるというわけです。

ひとつの目安としてエネルギーを確認すると、 糖分がどの程度入っているか判断できます。

また、ノンカロリーは言葉どおり力ロリーゼロを指しますが、 ノンシュガ一の場合は、 砂糖のかわりにキシリトールやエリスリトールのような人口甘味料を使用している場合があります。

これらは、 砂糖に比べると甘さは少なくなりますが、 カロリーがあるのでノンカロリーにはなりません。 糖尿病などで摂取カロリーが気になる人は、 カロリ一表示をきちんと確認してから購入するようにしましょう!


強調表示
エネルギーや栄養成分の「高」「低」「無」など、量を強調する際の表示基準をいう。
〈栄養成分が少ないことを強調する表示〉
★「ノンカロリー」「カロリーゼロ」食品100g当たり5Kcal未満
★「カロリーオフ」食品100g当たり5Kcal以下/飲用は100ml当たり20Kcal以下
★「ノンオイル」食品100g当たり脂質0.5g未満
★「ノンシュガー」「糖類ゼロ」食品100g(飲料は100Ml)当たり糖類0.5g未満
★「糖質ゼロ」食品100g(飲料は100Ml)当たり糖質0.5g未満
〈栄養成分を多く含んでいることを強調する表示〉
★「食物繊維が多い、豊富」食品100g当たり6g以上
★「食物繊維を含有、供給」食品100g当たり3g以上
★「カルシウムが多い、豊富」食品100g当たり210ml以上
★「カルシウム入り、含有」食品100g当たり105ml以上


ノンシュガーのど飴
のど飴には、医薬品として販売されているものもありますが、ここでは、食品として売られている「ノンシュガーのど飴」について。
飴というと、砂糖や水飴から作るとお思いでしょうが、ノンシュガー(シュガーレス)と表示された品に限っては、砂糖も水飴も使っていません。

これは、栄養表示基準(健康増進法)の中の「強調表示」の決まりによるもので、「栄養成分が「豊富」などと強調するときはこの数値以上、『ノン』『レス』などと少ないことを強調するときはこの数値以下」といったようにそれぞれ基準値が決められていて、それを守ることが義務づけられているのです。

しかし、紛らわしいのが「シュガー」と「砂糖」です。
普通は、「シュガー」というと砂糖のことと思いますよね。が、栄養表示基準における「シュガー」とは糖類のこと。すなわち、単糖類(果糖やブドウ糖など)と二糖類(砂糖や水飴など)を指します。したがってノンシュガー(シュガーレス)と書いてあったら、砂糖や水飴だけでなく果糖もブドウ糖も使っていないという意味。

それでも甘いのは、それらの代わりに「糖アルコール」を使っているからです。
「糖アルコール」とは何かというと、糖類(シュガー)に水素添加(還元)したもの、「アルコール」という名称からお酒をイメージする人もいそうですが、単なる構造上の呼び名で、キシリトールやマルチトール、還元水飴、ソルビトール、還元パラチノース、ラクチトールなどがその仲間です。

もし『ノンシュガーのど飴』がお手元にあったら、原材料欄を見てください。砂糖や水飴、果糖、ブドウ糖は見当たらないはずで、その代わりに、還元水飴やソルビトールなどが書いてあることでしょう。つまりこうした「糖アルコール」ならシュガーではないので、使っていても「ノンシュガー」と表示できるのです。

さてその「糖アルコール」のカロリーですが、糖類(シュガー)よりは低いものの、糖類しっかりあります。砂糖の2分の1~4分の3程度。6~7割というところでしょうか。

なお、のど飴で「糖類ゼロ」というのもあります。前にも書いたようにシュガー=糖類なので、これは「ノンシュガー」と同じこと。ちなみにこの品の原材料欄には、還元パラチノースと還元水飴が書かれていました。


砂糖の代わりに人工甘味料が利用されている
スーパーで買い物をする時、今までなら気にしていなかった、食品表示を見るようになりました。特別詳しいことはわかりませんが、なるべく、添加物などが入りすぎていないものを選ぶようにしています。

現代社会で化学的なもの、添加物をとらないで生活をするのはとても難しいことだとは思いますが、自分の目で調べて、納得してからとるようにしたいと考えています。食品表示を見るようになって、人工甘味料がいろんなものに入っているということに気が付きました。

カロリーや糖質などが抑えられるのかもしれませんが、自然な甘さではなく、私は、あまりおいしいと感じないので、人工甘味料の入っているものは選ばないようにしています。あとは、着色料も気にしています。あまりにもカラフルなものは、見た目は美しくてよいのですが、どんなものが使われているのかと少し心配になります。そんな時も食品表示を見るようにしています。最近では自然由来の着色料などもあるようなので、できるだけ自然由来のものを選ぶようにしています。

食の安全性については昔から多くの方が関心を寄せていると思います。中でも、子を持つ親であれば子供が口にする食べ物に特に関心を抱くのは自然な事です。健康志向の高まりにより砂糖などを使用した食品が少なくなっています。

そのかわりにアスパルテームという人工甘味料の仕様が増加しています。子供の食べ物、特に「おやつ」について特に気をつける事。スーパーやコンビニにいけばたくさんのお菓子があり子供の目を釘付けにしています。

しかし、梱包させている袋や箱の裏に書いてある成分表を私たちは注意深く見ることが大事です。子供達が大好きな飴やグミ、炭酸飲料にジュース、そのほとんどに多くの人口甘味料が使用されているからです。詳しい、機関の名前は伏せますが、ある団体の調査によると、人口甘味料として広く使われている、アスパルテームは腎臓機能障害やリンパ腫や白血病のリスクを増大させる可能性があると発表しています。

また、妊娠中の過剰摂取については、胎児の脳の発達に影響を及ぼす危険性がある事も報告されています。最近では鬱病との関連性や神経障害にも深く関わっている事がわかってきています。甘味料や着色料といった「食品添加物」は現代の忙しい社会に生きる人々にとっては切っても切れない存在ですが、せめて子供に与える食べ物については、極力気をつけてあげたいところです。
このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!